読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダイヤモンド社が格安♪

私の場合、100万円の医療費がかかっても実際の負担額は3万円ほどで済むようです。ペロリと読めて、分かりやすかったと思います。すばらしい!病気やけがに対しても高額療養費は健康保険組合が負担しますし!組合によって独自の付加給付もあります。

こ、これですっ!

2017年01月30日 ランキング上位商品↑

ダイヤモンド社生命保険はこうして選びなさい新版 [ ダイヤモンド社 ]

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

。説明も丁寧だし、押し売り的な内容でもないです。民間の生命保険に加入検討している方には必ず読んでもらいたいですね。後田亨さんの著書3冊読んだ後のせいか、すごく物足りなかったですね。入る前に読むというより!入った後!変更しようと思っている時!こういう時はどうなるんだろうと疑問に思った時など参考になると思いますよ。(夫の分だけは見直しが必要ですが)幸い?誕生日は過ぎたばかりなので、もう少しじっくり考えたいと思いました。もうちょっとがんばって読んでみます。)読み進むうちに、自分の保険はあまりいらないかもな〜と思ってしまいました。死亡時の遺族年金を計算に入れましょうという言葉だけ、役にたちました。生命保険の考え方!健康保険の考え方!公的保険の事。結婚!出産と家族が増えているのに見直しもせずそのままにしてあったら!知り合いの保険屋さんから見直し案をいただいたのがこの本を購入したきっかけです。毎月かかる保険料なので、少しでも安くしたい方は一度読んでみてもよいのではないでしょうか?知らないと凄く損をするんだということがわかる本です。生命保険の営業はこういうことをしっかりと説明すべきですね。これ以上簡単に書けないと書いてありましたが、私にはむずかしかったです。とてもわかりやすいです。気になる部分だけでいいかも。とても参考になりました。何回も読みながら!勉強中です。読んでみての感想ですが!親の世代の保険状況と今では本当に様変わりしている事がわかり!何を選ぶのか!どういう風にお金を将来へつなげるべきか強く考えるきっかけになりました。保険には必ず入らないといけないものだと思わされてきたことに気付きました。どのように保険を選び、保険を使うのかが基本からわかります。夫が独身のときに入った保険。(本→人→本で。この本を読まなければ!現在加入している保険より2倍以上の保険料!長い漢字の特約の行列!「家族が増えたんだからこのくらいの保障は必要」と言わるがまま!そっか〜とハンコを押していたはずです。ケースが載っているので!参考になります。読んでよかったです。この本は全頁読む必要はないと思います。このお金で遺族は最低限の生活はできます。全く加入しないのも危険。今までわかっていなかった事を気づかせてもらいました。(ケースの種類も豊富で!雑誌のような未既婚・子供の有無だけではないのでイメージしやすいかな?)生命保険に関する知識が多くて!良いです。保険の知識は全くなかったんですが、とてもわかりやすく参考になりました。簡単に読めるかと思ったのですが、やっぱり難しい…。手元においておきたい一冊だと私は思っています。これを読んで今は資料請求をして更に比較をして購入する保険を前向きに選ぼうと思えるようになりました。私が今死んでも!遺族には遺族基礎年金!遺族厚生年金!中高齢寡婦加算が公的に支払われます。色々な保険関連の本を読み漁り、総合代理店の方にも相談しましたがFPによって考え方や提案が違い、迷ってしまったので更にこちらを購入しました。特に公務員・サラリーマンに対する公的保障の手厚さにはびっくりです。保険を勉強しようと思い立ち、この本に出会えて良かったです。読んだら誰かに話したくなります(私は親に話しましたw)。何も保険に入っていないのを知った親に入れと言われ!無知なのでまずは自分で調べようと探したら評判が良かったのでこの本を購入。もっと読み込んで、生命保険の見直しをするつもりです。旧版を持っているのですが!保険の見直しを機会に新版の方を読んでみたくて購入しました。