ヴァニシング・スターライトの購入後レビュー♪

。「生きているなら燃えてやれ」、この一言につきるなと思いました。この物語の主役であるノエルが歩んできた人生は確かにろくなものではないと思いますが(Interview with Noelより)!彼が生きている世界に抱く想い・叫びを凝縮したかのような音楽だと思います。

こちらになります!

2017年02月13日 ランキング上位商品↑

ヴァニシング・スターライトヴァニシング・スターライト(初回限定盤 CD+DVD) [ Sound Horizon ]

新生活応援!

詳しくはこちら b y 楽 天

今月の下旬に開催されるSound Horizonメジャーデビュー10周年ファンクラブ祝賀祭は!この収録曲を軸に展開されるでしょうし!いずれ何らかの形で映像としてリリースされるでしょうから!参戦される方もしない方も楽しみに待つとしましょう。今回は死人が出ていないようです(笑)MVは個人的に好みではなかったのですがラジオで聴いた時に良い曲だな〜と。 今回はパラレルワールドの現代日本を舞台に、新生バンド「VANISHING STARLIGHT」のメジャーデビューを描いたもので、サンホラのシングルの帯の裏側がVANISHING STARLIGHTのシングルの帯という、いかにもRevo陛下らしい遊び心ですね。ローランならわかるはず。発売当日に届いて頼んだ本人も喜んでいました。3曲目(?)の「Interview with Noel」の内容は!タイトル通りVANISHING STARLIGHTのノエルへのインタビューに節を付けたものですが!歌詞カードを見て!実際に聴いているうちに!どれが本当でどれが嘘か分からなくなってしまいますが!いずれにしてもノエルの辿ってきた人生が『ろくなものじゃなかった』事だけは確かで!そんな彼の世界に対する叫びが音楽の原点になったようだという!全く以てロックではありませんか。Sound Horizonの最近の音楽(6thや7th, 9th)とはまた一線を画する、キャッチーさはどちらかというと星の綺麗な夜のような感じがあるなぁと思いました。こちらの初回限定版は!CDカバーのところを裏表よく探してくださいね。 さて!肝心の曲はと申しますと!「よだかの星」は世界に自分の爪痕を残そうとする少年の思いをストレートに歌った内容で!続く「Mother」はこれから冬にかけての時期が似合いそうな歌詞ですね。一度聞いただけで耳に残るメロディー、疾走感あふれる音楽。アップしている2枚の写真!同じ物のように見えますが!帯を良く見ると!「Sound Horizon いずれ滅びゆく星の煌めき(ヴァニシング・スターライト)」で!下が「VANISHING STARLIGHT よだかの星」となってますね。ワンリピしてるので全部を早く聴きたいです満足!何も言うことがありません!次回も期待です。予約の限定版は高いので、こちらを買いました。